賃貸住宅でのlan配線について

賃貸住宅でパソコンやルーターなどの機器をlan配線する際には、建物にキズをつけない配慮が必要です。
特に複数の部屋をまたいでlanの配線をするには、フラット(平たい)なタイプのネットワークケーブルを使用するとよいでしょう。
フラットなタイプのネットワークケーブルであれば、ドアや窓などの隙間などを通すことができますので、壁に穴をあけたりせずに各部屋の機器を接続することができます。
またlanの配線上に、モールと呼ばれる主にプラスチックなどで作られたカバーを取り付けることがあるかもしれません。
モールはネットワークケーブルをむき出しにせず、邪魔にならないようスッキリさせることができます。
もしモールを使用する場合は、後々剥がすときのことも考えて取り付けする必要があります。
あらかじめモールと壁面などの設置場所との間にマスキングテープを下地として張っておくなどして、賃貸住宅に剥がし跡が残らないようにしましょう。

おすすめの賃貸物件の紹介もしているリアライズ
公開されている不動産物件の中で、おすすめの物件を一覧としてホームページにて公開しています。

土日祝でも大阪で解体工事を承ります
ご希望がございましたら、お気軽にお問い合わせください

激安価格でベッドを購入できるサイトはこちら

現場の要であるコンプレッサーの修理業者
羽田コンプレッサーはあなたの現場を支える会社です

横浜で最短1日で会社設立ができる?!
希望日に合わせて私たちがお手伝いします

最新記事

  • 不動産を探すにあたってまず気にするべき点はなんでしょうか。
    値段もしくは立地条件等を考慮する必 …

    続きはコチラ…

  • 今やインターネットは日常生活をする上でも仕事をする上でも必須なので、ネット用の配線をするのはとても重 …

    続きはコチラ…

  • 最近は、パソコンを利用する方が多くいる為に賃貸マンションでもlan配線を元から付いている物件が多くあ …

    続きはコチラ…